【子供用】スノボやスキーの時に安全なキッズプロテクターのおすすめランキング

家族でスノボに出かける、子供が友達とスノボに出かけたり、学校の行事でスノボやスキーに出かけるなど、親としては子供の怪我などの心配をしてしまいますよね。

もちろんその心配は親として当然の事で、親がしてあげられる事は子供の怪我のリスクを最小限にしてあげるという事です。

怪我のリスクを下げる為にはプロテクターなどの防具をしっかりと付けさせる事なので、子供に合ったプロテクターを選んであげましょう。

そもそもスノボやスキーができる雪山ではプロテクターを着用するように促されていますので、もし子供がプロテクターなんて必要ないとか、みんなはプロテクターを付けてないと言っても、無理矢理にでもプロテクターを着用させる事をおすすめします。

なぜなら、プロのスノーボーダーでもプロテクターは着用していますし、雪山での怪我は今後の人生を大きく左右するような大きな怪我になってしまう可能性もあるからです。

スノボやスキー自体はとても楽しいスポーツですので、子供には危険性もしっかりと理解してもらいましょう。

子供におすすめのキッズプロテクターはコレ!!

当ショップで取り扱っているプロテクターは大人用だけでなく、子供用も充実しています。

プロでも使っているプロテクターで、子供用でも素材は同じものを使用しています。

第1位 最も多くの人から支持されているプロテクターシャツ





身軽さ、気安さ、価格の安さの全てを兼ね備えているベストタイプのプロテクターシャツです。

荷物としても嵩張りにくく、多くの人からの支持を得ています。

肋骨(あばらぼね)、背骨のような、骨折してしまうと重大な怪我に繋がるような部分をサポートできます。

身長は90cmから対応しています。

ネオプロテクタースノーシャツジュニア(ベスト)(sponeto.com/item/bs-052):5832円(税込)

第2位 上半身はこれで完璧!!鎧ベスジャックワカ





ジャケットとしての着用も可能で、最もカバーできる範囲が多いのが鎧ベスジャックワカです。

袖部分は肩のあたりからジョイントジッパーで結合されていますので取り外しが可能です。

スノボでは肩は肘を怪我する事も少なくありませんので、このプロテクターでカバーしておけば大きな怪我に対するリスクは大幅に軽減されます。

鎧ベスジャックワカ(sponeto.com/item/yr347):20520円(税込)

第3位 プロテクターを恥ずかしがる子供におすすめ!!長袖プロテクターシャツ





親が子供の安全の為にプロテクター着用を促しても、子供の友達が着用していない場合、ダサいなどの理由でプロテクターを装着する事を嫌がってしまうというケースがあります。

そのような場合でも、大きな怪我をしてしまうと、何かと親御さんが責任を感じてしまいますし、取り返しの付かない事になってしまう事もあります。

そうならない為にもプロテクターっぽくないプロテクターシャツをどうにか着させてみるといいかと思います。

長袖なので防寒にも役立ちます。

ネオプロテクタースノーシャツジュニア(長袖)(sponeto.com/item/bs043-tx):8208円(税込)

第4位 お尻の怪我や尾てい骨骨折の予防に最適!!ショートパンツプロテクター





大人用のプロテクターで最も人気のショートパンツタイプのプロテクターのキッズ用が鎧エアリーショートワカです。

ショートパンツタイプなのでプロテクターに覆われている感が少なく、非常に動きやすいのが特徴です。

また、プロテクターのパッド部分には、鎧エアリーシリーズの特徴でもある蒸れを防止する為の通気口も開けられています。

ケツパッドとしても大変人気の商品です。

鎧エアリーショートワカ(sponeto.com/item/ys315):13932円(税込)

第5位 動きやすさを損ないたくないなら背中だけでもガード!!背骨プロテクター





初めはプロテクターをガチガチに付けていた子供でも、動きにくいからプロテクターを外したいと言い出す時があります。

しかし、プロテクターは身の安全を守る為には欠かせないものですし、子供の安全を考えると少しでも頑丈なプロテクターをしていて欲しいというのが親の気持ちだと思います。

そこで、背中だけでもカバーしておけば大きな事故のリスクを軽減する事ができますので、極端にプロテクターを嫌がる場合はこのプロテクターだけでも着用させましょう。

鎧バックボーンガードワカパワー(sponeto.com/item/yr351):15660円(税込)

子供の安全を確保するのは親の役目です

スノボグッズやスキーグッズを買い揃えると意外とお金が掛かってしまい、プロテクターの費用を節約される方が増えています。

しかし、子供が重大な怪我をしてから後悔していては後の祭りです。

それならウェアや板などを節約して安全性にお金を掛ける方が断然いいでしょう。

また、最近ではプロテクターを着用しない大人も増えているのが現状ですが、それが普通になってしまうと怪我が増えてしまうという事を危惧して、プロのプレイヤーの方達も雪山に入る時は必ずプロテクターをするように促しています。

子供は自分の身を守る為にプロテクターを自身で買う事ができません。

どうか子供さんが安全に楽しめるようにプロテクター購入を検討してくださいね。

鎧プロテクターの洗濯のやり方

プロテクターは運動時に着用するというだけあって、どうしても汗が染みこんでしまいますし、そのままにしていると汗臭くなってしまいます。

また、旅先で数日間スノボをしているだけでも汗が蓄積されてしまいますし、汗臭いプロテクターは着用するのに気が引けますよね。

プロテクターって普通の洋服とは少し違うので洗濯方法についての疑問もでてくるかと思います。

実際に質問される事も多く、疑問を持たれている方も多いようです。

この記事では鎧プロテクターの洗濯方法について解説いたします。

鎧プロテクター洗濯の基本

鎧プロテクターはご家庭で洗濯する事ができます。

商品付属の洗濯ネットを使えば洗濯機の手洗いコースで洗濯する事も可能です。

また、手洗いする事で製品をより永くお使いいただく事が可能です。

洗剤の選び方

鎧プロテクターを洗濯する際に使うのは中性洗剤がおすすめです。

おしゃれ着用の洗剤で、例えばエマールやアクロンなどのように市販されているもので十分です。

逆に漂白剤などを使ってしまうとプロテクターが変色してしまう可能性もありますし、素材を傷める原因となりますので漂白剤は絶対に使用しないでください。

乾燥機には絶対に入れないでください

旅先で洗濯をした時に乾燥機を使ってしまうという事があるかもしれません。

乾燥機は早く乾きますし、洗濯物を干す場所がない旅先では重宝するのですが、鎧プロテクターには絶対に乾燥機を使用しないでください。

鎧プロテクターには伸縮性をよくするポリウレタンや合成ゴム素材が多く使用されていますので、日陰や、風通しの良い室内での自然乾燥が基本となります。

乾燥機で乾かすと高熱によりポリウレタン繊維やゴム部分が硬くなってしまったり、記事が縮んでしまいます。

そうなるとプロテクター自体に大きなダメージを与える事となり、本来の性能を失ってしまいますのでご注意ください。

鎧プロテクターの手洗い方法

洗う

  1. 用意した桶で、30 度くらいのぬるま湯に、適量の洗剤を入れて泡立てます。
  2. 全体を洗濯液につけて、ゆっくり丁寧に押し洗いをします。
  3. 押し洗いの後、特に、襟元や脇など、汗をかいた部分等の細部を、丁寧に洗剤液の泡で、汚れを落とします。
  4. 最後に、再度数回押し洗いをし、プロテクターを畳んで、水を切ります。

すすぎと脱水

  1. 水槽にぬるま湯を入れて、押し洗いを繰り返し、洗剤を落とします。すすぎ洗いを数回繰り返して、プロテクターを畳んで、軽く水分を切ります。
  2. すすぎ洗いを終えたプロテクターを、ネットに入れて洗濯機に入れて30秒から1分くらい軽く脱水します。すすぎ洗いを終たプロテクターは、できるだけ早く水分を脱水します。
  3. 脱水が終わると、洗濯機から取出して、しわを伸ばして、形を整えます。

干し方

上着やパンツは、ハンガーにかけて、風通しの良い室内で乾燥させます。

乾燥させるときに、乾燥機は使用しないで、自然乾燥させてください。

鎧プロテクターの洗濯機で洗う場合

基本的に鎧プロテクターを洗うのは手洗いがおすすめです。

しかし、洗濯ネットに入れて弱水流で洗う事もできます。

洗濯機で洗う場合は他の洗濯物と一緒に洗うのではなく、洗濯ネットに入れて単独洗いをするようにしてください。

洗濯のコツは繊維を痛めないということ

激しい転倒時の衝撃から体を守ってくれる鎧プロテクターですが、洗濯の際は優しく洗い、素材の繊維を痛めないというのが洗濯のコツです。

デリケートな素材を使用していますので、乾燥機による高温などはどうしても避けなければいけません。

洗濯する際は十分に気をつけてください。

デリケートな素材の特徴をしっかり考えて洗濯するとより長持ちさせる事が出来ます。

【鎧ケツパッド】おすすめのスノボ用ケツパッドで尾てい骨や下半身の痛みを減らそう  

スノボで尻餅を突いた時にケツパッドがあれば尾てい骨や下半身の痛みが大幅に軽減されます。

ケツパッド無しで滑っているとスノボから帰ってから尾てい骨が痛くなってしまい、座っているのも辛くなってしまいますね。

当ショップで取り扱っている鎧は、様々な臨床実験を経て、ショックを吸収する事と、動きやすさを追求しています。

痛くない、動きやすいプロテクターをご紹介しますね。

ケツパッド云々の前に安全な転び方を身につけよう

安全な転び方を身につけておけば、いざという時に転倒しても衝撃を和らげるように転ぶ事ができます。

安全に転ぶ事ができれば、転ぶ事に対しての恐怖心を抑える事もできますのでスノボの上達が早くなります。

前方への転び方

前方への転び方

前方に転ぶ時は膝から雪面につき、両手は偏り広げて体を支えます。

どのような態勢でもボードが雪面に刺さらないようボードを上げるようにしましょう。

後方への転び方

後方への転び方

後方へ転倒する際は状態を低くして背中を丸めます。

その際、後頭部をぶつけないように頭を上げます。

ジャンプ着地のポイント

ジャンプ着地のポイント

ジャンプの際は、バランスの取れた状態で正しく踏み切る事が基本です。

着地時はできるだけボードの角度を斜面に合わせるようにしましょう。

テールから着地するとその反動でバランスが崩れてしまいます。

鎧ケツパッドのメリット

ケツパッドという名前を聞くとパッド単体を想像しがちですが、大抵はハーフパンツやスパッツのような形をしていて、お尻にショック吸収用のパッドがついているようなものになります。

鎧ケツパッドはお尻部分だけでなくサイドにもパッドがついていますので、横向きに転倒した際にもしっかりとガードしてくれます。

ケツパッドを着用している事でお尻が冷えにくくなるので、寒さ対策になるという点もメリットの一つです。

ケツパッドのデメリット

ケツパッドにはメリットばかりではありません。

しかし、スキー場などでは基本的にルールとして、プロテクターなどを着用するようにと明記されているところがほとんどですし、身の安全を考えると必ず着用するほうがいいと思います。

ケツパッドで蒸れてしまう

ケツパッドだけでなく、プロテクター全体に言える事なのですが、パッドが体に密着しているのでその部分が蒸れて汗をかきやすくなってしまいます。

特に運動している状態なので汗もかきますし、汗臭くなってしまいます。

汗臭くなってしまうと、モテませんね。

しかし、鎧プロテクターは蒸れを解消するために対策されたものがあります。

鎧エアリーパッドには穴が空いている

鎧エアリーシリーズは蒸れを抑える為にパッド部分に通気口を開けています。

これにより従来のパッドよりも蒸れにくくなっています。

ウェアのサイズに注意が必要

お尻の部分にパッドがある事で、着用している服が少しボリュームアップしてしまいます。

これによって体が少しボリュームアップするのでウェアが少し小さかった場合窮屈になってしまいます。

小さめのウェアを着ていた人以外は特に気にする事はないようなレベルです。

ウェアを買い換えないといけないからと言ってプロテクターを着用するのを断念するのはやめておきましょう。

ケツパッドを着用する事で転倒した際の安全性が大きく変わります。

おすすめの鎧プロテクターケツパッドはコレ!!

少し前置きが長くなりましたが、当ショップで扱っている鎧プロテクターの中でもケツパッドでおすすめのものをご紹介します。

動きやすさを損ないたくないのであればロングパンツタイプではなく、ショートパンツタイプを使うのがいいかと思います。

鎧エアリーショートパンツ





鎧エアリーシリーズはパッド自体に通気口の穴が空いていて、ボディ部分もメッシュになっているのでとにかく蒸れにくくなっています。

メッシュ部分にも吸汗速乾素材を使っているので、汗をかいても快適です。

ハーフパンツタイプなのでケツパッドだけ着用したい人におすすめです。

鎧エアリーハーフパンツ(sponeto.com/item/ys515):15012円(税込)

大鎧パワーショートパンツ



パッド自体はエアリーシリーズと同じように通気口が開けられています。

大鎧パワーショートパンツの特賞は脱着式の体感サポートベルトが装備されているという事です。

体感ベルトを装着する事で体感を集中させ、バランス感覚を向上させる事ができます。

脱着式体感サポートベルト

大鎧パワーショートパンツ(sponeto.com/item/yr516):18252円(税込)

鎧パワーショートパンツ



鎧パワーショートパンツにもエアリーパッドが採用されています。

先に紹介した大鎧パワーショートパンツに比べるとパッドの硬さが少し柔らかくなっています。

パッドが柔らかいほど面に対するショック吸収に優れているので、雪の上でのショック吸収度で言うと大鎧パワーショートパンツよりも優れています。

鎧パワーショートパンツ(sponeto.com/item/yr811-njb):13500円(税込)

鎧パワーロングパンツ



鎧パワーショートパンツのロングパンツバージョンです。

ケツパッドだけでなく、一緒に膝もカバーしたいという場合におすすめです。

膝パッドを単体で購入すると6300円必要なので、足元までの防寒と、膝のカバーをしたい場合はこの鎧パワーロングパンツがおすすめです。

鎧パワーロングパンツ(sponeto.com/item/yr711-njb):19224円(税込)

ケツパッドを着用して安全にスノーボードを楽しもう

スノーボードで尻餅をつくというのは珍しい事ではありません。

転倒した時に痛いから思い切った滑りができずになかなか上達しないという人が多いので、すぐに上達したいのであればケツパッドを着用する事をおすすめします。

また、大抵の雪山ではプロテクターなどを着用するように呼びかけられています。

それは、雪山での大きな怪我が多いからです。

安全にスノーボードを楽しむ為にも必ずプロテクター類は着用しましょう。

もうこれで痛くない!スノボ用最強プロテクターのおすすめはコレだ!!

スノーボードで転倒する時は雪の上なので痛くないと思われがちですが、雪の上でも転倒すればもちろん痛みはあります。

また、スノーボードで転倒する事により、骨折する場合もあるので注意が必要です。

そこで怪我防止に役立つのがプロテクターです。

プロテクターを着用する事で転倒しても痛みを和らげる事ができますし、大きな怪我の予防に繋がります。

ここではスノーボードにおすすめの最強プロテクターをご紹介致します。

スノーボードに怪我は付き物!楽しい旅行で終えれるようにプロテクターを着用しよう

スノーボードは基本的に近場でする事はできず、雪が積もっている山まで遠出をして楽しむという人が多いかと思います。

そんな旅行中に怪我をして救急車で運ばれたり、怪我をして旅館で時間を潰して待っているなんて事になってしまっては最悪です。

せっかく旅費をかけて友人たちと楽しい旅に出ているのですから、怪我をせずに楽しめるのがベストです。

怪我をしてしまうと、元気な人達も気を遣ってしまいますからね。

思い出に残る楽しい旅行で終えれるようにしっかりとプロテクターを着用しましょう。

雪上ではどんなプロテクターが必要なの?

プロテクターと言ってもプロテクターだけで種類がかなり豊富なのでどのプロテクターを着用すればいいかわからないかと思います。

スポネトで扱っている鎧プロテクターの中にもたくさん種類がありますし、これが他のブランドも混ざってくると、正直適当に買うしかないですよね。

そこで、当ショップで扱うプロテクターの中でもスノボーに向いているものをご紹介します。

雪は柔らかいので柔らかめのパッドを選ぼう

当ショップで扱っている鎧プロテクターの硬さは3種類あります。
プロテクターの硬度

BR、NJ、HDとあり、左が最も柔らかく、右が最も硬い素材になります。

柔らかいパッドは面に対してのショック吸収力に優れており、硬いパッドは点に対してのショック吸収力に優れています。

雪は転倒した時に接触面の形に変形して、体に対して面でぶつかります。

逆にコンクリートなどは形が変わる事はないので点でぶつかります。

つまり、スノーボードには柔らかめのBRパッドが最強と言えます。

転倒してぶつけやすい部分をサポートしよう

スノボで転倒する際は、ぶつけやすい場所とそうでない部分があります。

つまり、ぶつけやすい部分だけでもカバーしておけば、ある程度の衝撃は和らげる事ができますし怪我を防ぐ事ができます。

ぶつけやすい部分は以下になります。

  • お尻

つまり、この部分をカバーすれば、スノボでこけても痛くないという事です。

部位毎にどんなプロテクターが必要??

お尻・膝
ケツパッドがついているパンツタイプのプロテクターでカバーできます。パンツタイプの中でもロングパンツとハーフパンツの2種類があります。ハーフパンツの場合は別売りの膝用パッドを。パンツタイプであれば標準で膝パッドがついています。
肩・肘・腰
ジャケットタイプのプロテクターを着用する事で肩と肘をカバーする事ができます。腰は、転倒時に体をひねる事により痛める事が多いので、体幹をサポートするベルトがついているものが最強です。

こけても痛くない最強プロテクターはコレだ!!

大鎧パワーツナギ



激しい動きをしても、ズレないというのがツナギの最大のメリットです。

首の付け根や肩、腰、お尻周り、膝など、あらゆる部分をパーフェクトにカバーしています。

グラトリなどとにかく激しい動きをする場合、ツナギでないとズレてプロテクター本来の力を発揮できない場合があります。

また、ズレてしまうと滑っている最中にズレが気になってしまいます。

しかし、大鎧パワーツナギはずれる事がないので安心です。

価格と商品ページURL
大鎧パワーツナギ(sponeto.com/item/yr565/):52704円

鎧パワージャケット+鎧パワーロング





肘・肩・腰・首の付け根など、あらゆる部位をカバーする鎧パワージャケットと、お尻周りや膝などをカバーする鎧パワージャケットのタッグが最強です。

少し値が張りますが、実際に着用して転倒すると納得できるかと思います。

価格と商品ページURL

鎧エアリーベスト+鎧エアリーショート+ヒザヒジBRパッドセット







鎧エアリーシリーズは軽さと蒸れにくさを追求したプロテクターです。

ボディ部分はメッシュになっており、パッド部分には通気口となる穴が開けられています。

スノボウェアの中にプロテクターを着用すると蒸れてしまって汗臭くなってしまうという悩みをお持ちの方からとても人気の組み合わせです。

こちらのプロテクターも全身がしっかりカバーできますし、ヒジとヒザは専用のパッドでカバーする事ができます。

腰部分にはリカバリーフックという紐が付いており、ズレ上がりを防止しています。

価格と商品ページURL

プロテクターなしはかなり危険!!何も付けない=COOLという概念は捨てよう

プロテクターを付けずに滑るのがかっこいい、COOLだというような概念をお持ちの方もいるようです。

しかし、スノーボードは大変危険なスポーツです。

例えば、鳶職の方が命綱なしで作業をするのと同じように、スノーボードでプロテクターを着用しないのは命綱をなしで滑っているようなものです。

スノーボードで転倒した際に打ち所が悪かったら後遺症が残るような大怪我をしてしまうリスクもありますし、大事に至らなくても骨折など、旅行自体を楽しめないような状況になってしまう可能性があります。

転倒しても痛くない最強のプロテクターを着用して、スノーボードライフを満喫しましょう。